食品添加物

2017年5月19日

気分障害のうつ病では脳内の神経伝達物質のセロトニンが足りず、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、著しい倦怠感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の症状が出現するのです。
薬やアルコール、化学的な食品添加物等の成分を特殊な酵素によって分解して無毒化する活動を解毒といい、多機能な肝臓の大切な職責のひとつです。
汗疱というのは掌や足の裏、指と指の間などにプツプツとした小さな水疱ができる疾患で、おおむねあせもと言われており、足の裏に出てくると足水虫と早とちりされることも多くあります。
メタボリック症候群であるとは断言されなくても、臓器の脂肪が多く付着しやすい性質のよくない肥満になる事により、重い生活習慣病を誘引する可能性が高まります。
めまいが出ず、辛い耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを何度も発症するタイプのことを「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で診断する場合もままあります。
消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、大抵は腹部の痛み・嘔吐・下痢を伴う程度で治まりますが、細菌感染から来ている場合は壮絶な腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢に加えて高熱も出るのが通例だといえます。
常日頃から肘をついた横向きの状態でTVを視聴していたり、テーブルの上で頬杖をついたり、ハイヒールなどを毎日履くというようなことは体の均衡を悪化させる大きな要素になります。
うす暗い場所だと光不足によってものが見えにくくなりますが、更に瞳孔が開くので、眼球のピントを合わせるのに不必要なエネルギーが必要になってしまい、光の入る場所でものを眺めるより疲れるのが早くなるといえます。
ハーバード医大(HMS)の研究結果によると、一般的なコーヒーと比較して毎日2杯よりも多くカフェインレスコーヒーを飲用すれば、驚くことに直腸ガン罹患リスクを半分以上は減らせたとのことだ。
体脂肪量に変化が見られないのに、体重が飲み食いや排尿などにより一時的に増減する際、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少したら体脂肪率が上昇することがわかっています。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があり、大気中にあるオゾン層で一部分が吸収されるのですが、地表まで達したUV-B波は肌の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を傷つけたりして、皮膚に悪い影響をもたらすことが明らかになっています。
今、比較的若い世代で結核菌(けっかくきん)に対抗するだけの免疫、すなわち抵抗力を保有していない人々の割合が高くなっていることや、受診が遅れることが原因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が増えています。
耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、杉や檜、松などの大量に飛散する花粉が元凶となって、クシャミ・皮膚の痒み・鼻水などの不快でゆううつなアレルギー症状を齎す病気であることは言うまでもありません。
毎日の規則正しい、穏やかな生活の継続、腹八分目の徹底、正しい体操等、一見古典的ともいえる体への考え方が老化対策にも活用されるといえます。
ヘルニアというものは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間に存在するクッションと同様の役目をしている椎間板という名前の円形の線維軟骨が突出した症状のことを表します。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。