非常に情緒的

2015年1月13日

好意を持っている異性とデートしているとき、相手の隣の席でに座って、無意識に相手との間に荷物なんかをもし置かれたら、悲しいけれどそれは拒絶感のサイン。

今は心は見せていないサインなのである。
いわゆる恋愛(れんあい)は、人が異性に対してもつ非常に情緒的で親愛の情のある仲になりたいと願う気持ちで、その感情に加えて相手への特別な気持ちに基づいた多くの恋慕で一杯になった表情や動作を伴うのが当たり前である。

恋人を愛する気持ちというものはいうなれば義理の鎖で何とか保たれているといえます。現実は多くの人間の生まれついての性格は悪なので、そんな関係は人間の気持ちの基本で迷わずたち切れる。

テーブルの場合、相手の席が目の前になったら、口説き落としたい人の前のテーブルにはさえぎる物(携帯や手帳それと水など)を置いちゃあいけない。さえぎる物があるとせっかくなのにプレッシャーを与えさせてしまうのだ。

必見!彼・彼女に触れるテクニック!「手を揉んであげようか?メッチャ気持ちいいんだよ!」という感じで意中の人の手を取って、さらりとマッサージしてあげれば。そのときから恋がスタートすると思います。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。