運動

2017年5月25日

欧米諸国おいては、新しく開発された薬の特許が切れた約1ヶ月後には、市場の80%がジェネリック医薬品(Generic drug)に切り替わるような飲み薬もあるほど、後発医薬品は世界に浸透しているのです。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことに加えて受動喫煙・お酒・肥満といった生活習慣が乱れたこと、ストレスによって、ここ数年日本人に増加している病気だといえます。
いんきんたむし(陰金田虫)は若い男の人に多く確認され、ほぼ股間部にのみ拡大し、軽く運動したり、入浴後のように身体が熱くなった時に猛烈な掻痒感をもたらします。
20〜30才代で更年期になったら、医学的には「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という病のことを指します(日本の場合は40歳以下の比較的若い女性が閉経する症状のことをPOFと定義付けています)。
エイズウイルス、つまりHIVを持つ精液、血液を始め、女性の腟分泌液や母乳といったあらゆる体液が、看病する人等の傷口や粘膜部分に触れると、HIVに感染する危険性があります。
肥満というのは勿論食事内容や運動不足などが素因ですが、一緒の量のごはんであったとしても、あっというまに終了する「早食い」をすることにより体重過多に陥っている肥満を招く恐れがあります。
脚気(かっけ)の症状は、両手両足が何も感じなくなったり下肢の著しい浮腫などが標準で、進行すると、重症の場合、呼吸困難に至る心不全も招く可能性があるようです。
いんきんたむしというのは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と言われている、カビの一種の白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、お尻などの部分に何らかの理由で感染し、寄生してしまう感染症で即ち水虫のことです。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科治療としては大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング法」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス手術」という2つの異なる手術の方法が頻繁に扱われています。
自動車事故や高い所からの落下など、かなり強い力が体にかかった場合は、複数の部位に骨折が齎されてしまったり、複雑骨折に至ったり、重症の場合は内臓が破裂することも考えられます。
通常ならば骨折は起こさない程度の僅かな圧力でも、骨のある決まったポイントだけに何度も持続的にかかることによって、骨折してしまうことがあるので油断できません。
肝臓をいつまでも健康に保つには、肝臓の毒素を分解する力が下がらないようにすること、要は、肝臓を老化させない対策をコツコツと実践することが重要だと思われます。
吐血と喀血、どちらも口腔から血を吐くことですが、喀血というものは咽頭から肺を繋ぐ気道(呼吸器の一つ)から出血することで、吐血の方は十二指腸よりも上部の消化管から出血することを示しているのです。
BMI(体重指数を求める計算式はどこの国も一緒ですが、値の位置づけは国ごとにそれぞれ少しずつ違い、(社)日本肥満学会(JASSO)ではBMI22が標準、25以上の場合だと肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と決定しています。
鍼灸の鍼を刺してもらう、という直接的な程よい何か所もの刺激は、神経細胞を活性させ、神経インパルスと言われるいわば電気信号伝達を発起させると考えられているようです。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。