無意味なもの

2015年1月17日

治安維持の観点から現行の立法で十分にできる。ゆえに、その点で警察への批判は可能なのだが、人員等の現実的な問題は残ったままだ。

都内では「無人の 交番」という全く以て無意味なものをよく見かけるが、あれを見るたびに警視庁の人材は足りているのかと不安になる。
政権運営経験が浅い民主党政権の中で、戦後史上最悪の事態に日本は陥った。関東東北大震災の死者行方不明者数は既に1万を超えた。
福島原発の放射能漏れ事 故は未だに収束が見えないどころか、さらなる被害をもたらしつつある。原発周辺住民への健康被害をもたらす被曝はおそらく避けられないとする見方まである のだ。
政府への不信も広がっている。チェーンメールをはじめとしたネット上のデマが多数発生していることはその表れであろう。比較的、被害が少なかった都内でも様々な物資の買占めが起こり、放射能を恐れて西日本へと疎開する者さえいる。国民の不安はもはや頂点なのだ。 半紙通販この状況に対して民主党政権の打つ対策は後手後手だ。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。